新卒・第二新卒採用募集要項

新卒・第二新卒採用募集要項(高卒~四大卒)~通年対応~

New graduates

共同創業者・社長
三好浩和からのメッセージ

【私にとっての故郷】

トゥルージオは今、拠点を東京・八戸市・山口市に構え、「故郷に活力をもたらしたい、そして未来に繋げたい」というミッションで事業を展開しています。

ところが、この会社の創業者であるはずの私は、そのいずれの出身でもないんです。

私自身は三重県鈴鹿市の生まれですが、物心つく前には生まれた地を離れ、その後も一箇所に数年単位でしか住んだことがなく、そもそもいわゆる「地元」と感じる場所がありません。
さらに言うと、引っ越しに次ぐ引っ越しで10代のほとんどをアメリカ、20代のほとんどを中国で過ごし、1981年生まれの私の人生の半分ほどは、日本にすら住んでいませんでした。

私が10代を過ごしたアメリカから見た日本は、当時はまだバブル時代の頃の余韻なのか、経済でもモノづくりでもポップカルチャーでも世界の先端を走る輝かしい国に見えていました。
数年に一度の一時帰国の機会は、私にとって何よりも楽しみな一大イベント。
その帰国のたびに毎回感じる不思議な感覚がありました。

飛行機が成田空港に着陸する直前に機上から見下ろす千葉の田園風景や、着陸、入国後に乗る高速バスの車窓から見る高速道路沿いの街並みの様子。
この一連の光景を心の底から懐かしいと感じていたんですよね。千葉に住んだことなど一度もないのに、です。
海外にいて自分の故郷を「日本」という一まとまりに常々認識させられていたからでしょうか。
私は、見たことのないはずの千葉の景色に「故郷」を感じ、あぁこの景色が好きだ、と強く思いました。

私には、それが日本のどこにあろうと、憧れてやまなかった故郷に感じられるのです。

【私にとっての故郷】

トゥルージオは今、拠点を東京・八戸市・山口市に構え、「故郷に活力をもたらしたい、そして未来に繋げたい」というミッションで事業を展開しています。

ところが、この会社の創業者であるはずの私は、そのいずれの出身でもないんです。
私自身は三重県鈴鹿市の生まれですが、物心つく前には生まれた地を離れ、その後も一箇所に数年単位でしか住んだことがなく、そもそもいわゆる「地元」と感じる場所がありません。
さらに言うと、引っ越しに次ぐ引っ越しで10代のほとんどをアメリカ、20代のほとんどを中国で過ごし、1981年生まれの私の人生の半分ほどは、日本にすら住んでいませんでした。

私が10代を過ごしたアメリカから見た日本は、当時はまだバブル時代の頃の余韻なのか、経済でもモノづくりでもポップカルチャーでも世界の先端を走る輝かしい国に見えていました。
数年に一度の一時帰国の機会は、私にとって何よりも楽しみな一大イベント。
その帰国のたびに毎回感じる不思議な感覚がありました。

飛行機が成田空港に着陸する直前に機上から見下ろす千葉の田園風景や、着陸、入国後に乗る高速バスの車窓から見る高速道路沿いの街並みの様子。
この一連の光景を心の底から懐かしいと感じていたんですよね。千葉に住んだことなど一度もないのに、です。
海外にいて自分の故郷を「日本」という一まとまりに常々認識させられていたからでしょうか。
私は、見たことのないはずの千葉の景色に「故郷」を感じ、あぁこの景色が好きだ、と強く思いました。

私には、それが日本のどこにあろうと、憧れてやまなかった故郷に感じられるのです。

【日本のためになるような仕事にかかわりたい】

帰国した大学生の頃、日本は「失われた10年」という不況に苦しんでいました。当時、メディアでは日本という国について自虐的なことがよく取り上げられ、日本が全体的に自信を失っている雰囲気があり、子どもの頃思っていた故郷とは違って見えました。

そのような現実を見て、日本を盛り上げることを仕事にしたいという話を大学の同級生で共同創業者の鶴直人(現取締役、トゥルージオ社の草創期に社長を務めた)としていました。

そして、都市部と離れたところで都市部にある顧客企業の生産性を高めるような手伝いをするサービスというアイディアが出てきました。
このアイディアを実現していくと、日本企業の生産性や付加価値が上がり、同時に地方の雇用創出や人材育成にも寄与できるので、活気がある世の中に繋がっていくんじゃないかと。
当時イメージしていた「日本のためになるような仕事」に合致すると思い、事業を始めました。

【日本のためになるような仕事にかかわりたい】

帰国した大学生の頃、日本は「失われた10年」という不況に苦しんでいました。当時、メディアでは日本という国について自虐的なことがよく取り上げられ、日本が全体的に自信を失っている雰囲気があり、子どもの頃思っていた故郷とは違って見えました。

そのような現実を見て、日本を盛り上げることを仕事にしたいという話を大学の同級生で共同創業者の鶴直人(現取締役、トゥルージオ社の草創期に社長を務めた)としていました。

そして、都市部と離れたところで都市部にある顧客企業の生産性を高めるような手伝いをするサービスというアイディアが出てきました。
このアイディアを実現していくと、日本企業の生産性や付加価値が上がり、同時に地方の雇用創出や人材育成にも寄与できるので、活気がある世の中に繋がっていくんじゃないかと。
当時イメージしていた「日本のためになるような仕事」に合致すると思い、事業を始めました。

【地方から日本を活気づける】

東京などの都心は活気があるのですが、地方は非常に状況が苦しく、いわゆるシャッター街になっているといった課題があります。
私の生まれである三重県も、祖母がいる町などに行くと、子どもの頃に通った商店街などが本当に真っ暗なんです。
そのようなことが、日本の至る所で起こっていて、
中央道路沿いに大型店舗などたちますが、それ以外の小規模なお店は全部なくなってしまう。
そこも含めて日本であり、課題を抱えている地方を盛り上げるということに貢献できるのであれば、それこそやりたいことに近いと思いました。

トゥルージオ創業時、どのようなところでやろうかという議論をしている最中、東日本大震災があり、地方から活気づけたいという想いから、東北で腰を据えてやろうと決めました。
現在では山口センターもでき、復興支援という意味合いだけではなく地域や事業が広がりましたが、当時は明確にやはり東北でやらねばという想いが非常に強くありました。

【地方から日本を活気づける】

東京などの都心は活気があるのですが、地方は非常に状況が苦しく、いわゆるシャッター街になっているといった課題があります。
私の生まれである三重県も、祖母がいる町などに行くと、子どもの頃に通った商店街などが本当に真っ暗なんです。
そのようなことが、日本の至る所で起こっていて、
中央道路沿いに大型店舗などたちますが、それ以外の小規模なお店は全部なくなってしまう。
そこも含めて日本であり、課題を抱えている地方を盛り上げるということに貢献できるのであれば、それこそやりたいことに近いと思いました。

トゥルージオ創業時、どのようなところでやろうかという議論をしている最中、東日本大震災があり、地方から活気づけたいという想いから、東北で腰を据えてやろうと決めました。
現在では山口センターもでき、復興支援という意味合いだけではなく地域や事業が広がりましたが、当時は明確にやはり東北でやらねばという想いが非常に強くありました。

【「働く」の枠を「ひとつ」ひろげる】

トゥルージオのメンバーにとって、ここで働いていたことが良かったとあとで振り返って思える会社にしたいので、そのためには、「楽さではなく豊かさ」を一緒に追求したいと思っています。
そうあるために、今できる範囲より一歩踏み出す、『「働く」の枠を「ひとつ」ひろげる』というコーポレートメッセージを掲げています。

どんなに長い時間働いたり、どんなに複雑な仕事であっても
結局できることをやっているうちは、人間はやれてしまう。
できるかどうかわからないことや、ちょっと背伸びしないとできないことなど、「今なんとかなっているゾーン」から一歩踏み出すその瞬間に、大変だったり、ちょっとしんどい、難しいといった感触になると思います。

ここでいう「楽」「楽ではない」とは、そういうことです。
楽な状態で長く続けることを頑張るよりも、自分たちの人生、キャリア、仕事に対して、その時間をより豊かなものにすることを頑張る。

その枠を広げるということを、常にどれだけできるか。
こういうことの積み重ねが、力のある人だったり、知識のある人だったり、仕事ができる人を形作っていくと思っています。

メンバーにはこの積み重ねを今からやっていき、10年後に仕事人として、プロフェッショナルとして、一流であるという人になってもらいたいという想いがあります。そしてそれこそが「豊かさ」に繋がると。

これはある意味では「厳しい」ということでもあるんですが、それが楽しいと思ってもらえるような、そんな職場づくりをしていきたいと思っています。

トゥルージオのミッションである「故郷に活力をもたらしたい、そして未来に繋げたい」という想いや、今できる範囲より一歩踏み出す、『「働く」の枠を「ひとつ」ひろげる』という指針。これらに共感してくださる方が、トゥルージオの門を叩いてくださることを、心からお待ちしています。

【「働く」の枠を「ひとつ」ひろげる】

トゥルージオのメンバーにとって、ここで働いていたことが良かったとあとで振り返って思える会社にしたいので、そのためには、「楽さではなく豊かさ」を一緒に追求したいと思っています。
そうあるために、今できる範囲より一歩踏み出す、『「働く」の枠を「ひとつ」ひろげる』というコーポレートメッセージを掲げています。

どんなに長い時間働いたり、どんなに複雑な仕事であっても
結局できることをやっているうちは、人間はやれてしまう。
できるかどうかわからないことや、ちょっと背伸びしないとできないことなど、「今なんとかなっているゾーン」から一歩踏み出すその瞬間に、大変だったり、ちょっとしんどい、難しいといった感触になると思います。

ここでいう「楽」「楽ではない」とは、そういうことです。
楽な状態で長く続けることを頑張るよりも、自分たちの人生、キャリア、仕事に対して、その時間をより豊かなものにすることを頑張る。

その枠を広げるということを、常にどれだけできるか。
こういうことの積み重ねが、力のある人だったり、知識のある人だったり、仕事ができる人を形作っていくと思っています。

メンバーにはこの積み重ねを今からやっていき、10年後に仕事人として、プロフェッショナルとして、一流であるという人になってもらいたいという想いがあります。そしてそれこそが「豊かさ」に繋がると。

これはある意味では「厳しい」ということでもあるんですが、それが楽しいと思ってもらえるような、そんな職場づくりをしていきたいと思っています。

トゥルージオのミッションである「故郷に活力をもたらしたい、そして未来に繋げたい」という想いや、今できる範囲より一歩踏み出す、『「働く」の枠を「ひとつ」ひろげる』という指針。これらに共感してくださる方が、トゥルージオの門を叩いてくださることを、心からお待ちしています。

三好 浩和